身に付けたい技術とは

ネイルアート

ネイルスクールとは、ネイルリストになる為の知識と技術を学ぶ場所です。爪の構造やお手入れ方法から、マニキュアの綺麗な塗り方、ハンドマッサージまで学べます。更には、ここ最近主流となっているジェルネイルやスカルプなど、扱う素材によって取得しなければならない技術は違うので自分が身に付けたい技術な何かをしっかりと調べておく必要がありそうです。スカルプはテクスチャーの扱い方が重要になってきます。例えば、元々の爪の強度がなく長さを出すのが難しい場合、スカルプチュアという素材を使って人工爪を形成していきます。スカルプは専用の粉と液体を筆で扱うのですが、この粉末と液体の量の調節がとても難しく、これがちゃんとできないと綺麗な人工爪が形成できません。

ジェルネイルの取り入れやすさと難しさ

サロン

それに比べてジェルネイルは、セルフネイルで取り入れている人が多いことからも分かるように、比較的簡単に技術を身に付けられるかもしれません。ただ、プロとして働けるような技術を身に付けるというのは、セルフネイルとは全く違います。ネイルスクールでは、ネイルがすぐに浮いてしまわないような下処理の方法や衛生面、表面を均一の厚さで仕上げる技術など細かい部分まで学んでいくことになります。爪は学べば学ぶほど、繊細な部分だということが分かってきます。プロとして活躍していきたいのであれば、繊細が故のトラブルを回避することや、対処法も知っておく必要があります。

ネイル検定の必要性

その他

ネイルスクールに通う人のほとんどは、ネイルサロンで働くことがその理由でしょう。最近では、自宅でネイルサロンを開業している主婦も多いそうです。手に職を持っていると、強みにもなりますし女性は指先を綺麗にしているとそれを自分で常に目にすることができるので、美意識の向上にも繋がるそうです。そのような観点から言っても女性とは切っても切り離せないネイルですが、ネイル検定というものももちろん存在しています。自宅で開業する場合では、認定証などを飾っておくことでお客様に安心感を与えることができますし、サロンで働く場合ではどの程度の技術を持っているのかを表すことができるので、雇用側の判断材料としても必要です。

プロに学べる安心感

ネイルチップ

ネイルスクールではネイル検定の試験対策なども指導してくれます。講師に直接質問をぶつけることもできますので不安要素の解消もできて精神健康的にも良いと言えます。検定に関しては国家資格ではありませんが、自身でもどの程度の技術があるのかを理解する物差しにもなりますので、スクールで推奨されている検定を受けてみるのも良いかもしれません。ネイル検定ではネイルケアやマニキュアの塗布などの基本的な技術を見るものから、ジェルネイルの指定された柄を描くなどの高度な技術を見るものまでレベルも様々です。友人などにハンドモデルを頼み、試験官が見守る緊張感の中で施術をします。大変なことですが、将来お客様に施術をして喜んでいただく為にはクリアして自信を付けておきたいものですね。

広告募集中